イバライドのシルバニアパークを徹底紹介 食べ物やグッズもシルバニアが沢山

アイキャッチ 遊び場

こもれびの森のイバライド

茨城県稲敷市にある牧場系の公園?です。一番の特色は、女児向け玩具シルバニアファミリーの世界を体験できる「シルバニアパーク」がある事。

国道408号線からイバライドへの入り口の様子。

道路

写真左上のように国道からの入り口に大きな看板が出ていますが、思ったより閑散としていて通り過ぎてしまいました。

駐車場に入る際に500円の駐車料金を徴収されます。ただ、この時お金と引き換えに園内で使える500円のクーポン券が貰えますので、実質無料みたいなものですよね。コレすごくいいサービスだと思います。

チケットカウンターの所からすでにイイ感じの雰囲気が広がっています。 

受付

公式HPには特に情報はありませんでしたが、西洋の田舎町風?こんな雰囲気が良い所とは予想していなかったので一気にテンションが上がります。

コチラは入園して一番最初に訪れる事になる「町エリア」

町エリア

右を見ても左を見てもカワイイ。建物の中はお土産屋さんです。

シルバニアファミリー関連施設

シルバニアパーク

町エリアを通り過ぎ、入園ゲートから少し奥の方へ歩いて行くとシルバニアパークへの入り口となる、赤い屋根のお家が現れます。

シルバニアパーク 入り口

ここで、シルバニアパークへの入園料を払います。

受付の様子

看板の所に立つと(指をかざすと?)ショコラウサギちゃんの声が聞こえてきますよ。シルバニアパーク内にも同じタイプの看板が沢山あるのでぜひやってみて下さい。

「赤い屋根のお家」の中、受付カウンターの向かいではショコラウサギちゃんたちがお出迎えしてくれていました。

ショコラウサギちゃん着ている赤いワンピースと同じものをコチラの受付で借りて着ることもできます。そのままシルバニアパーク内を散策できるそうです。

受付時にクイズラリーのパンフレットが渡されました。

クイズラリー

入園料金を払った人数分の枚数渡されます。ウチの場合5人家族ですが三女(1歳)は無料で入れたため4人分のパンフレットが貰えました。クイズラリーに正解するとパンフレット一枚につきシルバニアの赤ちゃん人形が1体貰えるそうです。

パークの全景を取り忘れてしまい・・・スミマセン。パーク内はおもちゃシルバニアファミリーの建物が忠実に再現されて建っています。

クイズラリーのパンフレットではパークの右側部分「赤い屋根の大きなお家」と「風の丘のステージ」の写真です。

パークの広場

お家の内部は家具や小物類まで「おもちゃシルバニアファミリー」のお部屋が再現されています。

赤い屋根の大きなお家 内部

ステージでは時間でショコラウサギちゃんと撮影会が行われています。

撮影会

ショコラウサギちゃんがデカいのがアレですけど・・・。

こちらはパンフレット左側の「森の幼稚園」の写真

森の幼稚園

ピンクの屋根の所からは30分おきにシャボン玉が出てきますよ。シャボン玉を追いかけて楽しむことができます。

水色の滑り台もちゃんと遊べます。中はかなり狭いので小さい子に大人が付き添って一緒に滑ることはできません。ご注意を。

中にはピアノやおもちゃがおいてありました。

森の幼稚園内部

ピアノは実際には弾けませんが音楽が鳴っています。ピアノの上にハンドベルが置いてあるので音楽に合わせて鳴らしてみてねというカンジ。

あとは「幼稚園」という事でフラフープやポックリ、マラカスなどのちょっとしたおもちゃが置いてありました。これらも実際に使って遊べます。

隣には幼稚園バスが。

幼稚園バス

実際に運転しているような映像が流れます。

リンゴ池では(おもちゃのお魚)釣りができます。

リンゴ池

華のあるアトラクションではないけれど、季節的にも水に触れる遊びは子供は喜びますし、竿をのばしても届かないところに魚がいたりして大人でも本気になってしまいました。

水がきれいで水深が浅いのもイイ。子供が誤って池や小川に入ってしまったとしても安心です。

「おとまりファミリーコテージ」の中はボールプールになっています。

ボールプール

ここだけは土足禁止になっていました(ボールプール以外の床の部分も)。ハイハイ赤ちゃんでもここなら安心して自由に動けますね。

「ツリーハウス」にも滑り台がありますよ。

ツリーハウス

ウッドデッキには双眼鏡がついていました。

他に、ツリーハウスの前に玉転がし系の木のおもちゃや平均台などちょっとした遊べる仕掛けがあります。

注意点として、シルバニアパーク内にトイレ、授乳室はありません。シルバニアパーク内への再入場は可能ですが、事前にトイレ等済ませてから入場されることをお勧めします。

シルバニアファミリー森のマーケット

森のマーケット

町エリアにあるので、シルバニアパークを出て一旦町エリアまで戻るような感じになってしまいます。帰り足に立ち寄るようにすると時間が有効に使えますよ。

クイズラリーの景品交換などもココで行います。

お土産

シルバニアファミリーのおもちゃ以外にもプリクラがあったり、キーホルダーや鉛筆などのリーズナブルで実用的なグッズもありました。

シルバニアファミリー遊びのお部屋

 町エリアにはもう一つ「シルバニアファミリー遊びのお部屋」という建物があります。

シルバニアファミリー 遊びのお部屋

中はシルバニアファミリーのおもちゃが沢山置いてあって、自由に遊ぶ事ができます。

こちらも靴を脱いで入るようになっているので、ハイハイ赤ちゃんでも入れますね。

屋内でエアコンもついているので、天候に関係なく遊べるので安心。

コチラは帰りがけに立ち寄ると「もっと遊んでいたい」と子供に言われる確率が高いのでパーク内のペース配分には注意が必要です。

レストラン「ポワール」

イバライド内にはいくつか飲食店が入っているのですが、子供3人連れてのバイキングはチト大変なので、わが家はシルバニアパークを出て近くにあったレストラン「ポワール」でお昼を頂きました。

ポワール 内観

素敵な建物。

メニューはシルバニアファミリーをイメージしたコチラのメニューと、

シルバニアメニュー

普通のメニューがありました。

普通のメニュー

普通のメニューと言うかパスタしかありませんね(笑)。お子様ランチのようなものはありませんし、赤ちゃんへ取り分けて食べられるものもないのでレストランを決める際にはこの辺に注意が必要かなと思います。

お子様ランチがなかったので、子供たちは唯一食べられそうなシルバニアのメニューを、

シルバニアメニュー

盛り付けがすごくきれいで、ショコラウサギちゃんのクッキーとか付いてるしテンションが上がります。焼き印の所はもったいなくてなかなか食べられないですね。

冷製フェデリーニアボガドクリームの生ハム添え

冷製パスタ

こちらはイマイチでした。本場の味なのかな・・・?

ただ、こういう子供向け観光地の中にあるレストランとしては雰囲気、盛り付け、サービスは抜群に良いと思いました。注文は食券、すべてがセルフサービス、インスタントの味ってところが多いですから・・・。

お会計の時にスタッフさんから「駐車場でもらった500円のクーポン券はお持ちではないですか?」と言って頂き、ありがたく使わせて頂きました。こういうちょっとした言葉かけというか気使いも嬉しいですね。

他にもたくさんのアクティビティが!!

イバライドには他にも沢山のアクティビティがあり、一日ではとても全部を回りきれませんでした。私たちが見分できたものだけ紹介します。

牧場エリア・動物ハウス

牧場エリア

牧場エリアは無料で入れます。

牧場エリアでふれあえる動物は、ポニー、馬、ウサギ、ヒツジ、ヤギ、ロバ、アヒルです。

餌やり

餌は有料で小さいバケツに入った餌は300円、中くらいのバケツは500円、大きいバケツは800円となっていました。

このバケツに入った餌は牧場エリアの全ての動物にあげる事ができます。

ポニーと馬は乗馬体験もできますが有料です。

村エリアには有料(1人300円)で入れる動物ハウスという所もあります。

動物ハウス

ふれあえる動物はウサギ、モルモット、アルパカ、ハリネズミ、リクガメ、猫。

触れないけど近くで見れる動物として、ネズミ、フクロウ、オウム、カピバラがいました。

モルモットと猫

有料なのが悩ましい所ですが、動物ハウスは屋内なので雨が降った時などにちょうど良いと思います。

グルメ体験・クラフト体験

クラフトメニュー

コチラも屋内での活動なので雨の時には良さそうですね。

アスレチック

アスレチック

有料の「こもれびアドベンチャー」というハーネスを付けてやるアスレチック(画像奥の方)もありますが、画像手前にある地面から木が突き出しているようなアスレチックは無料でできます。

無料のアスレチックも3~4種類あって、小さな子供だったらコチラで十分。

水遊びエリア

水遊びエリア

「アクアチューブ」や「パドルボート」は有料ですが、じゃぶじゃぶ池は無料です。

授乳室やオムツ替え台の有無など子連れ向けの施設情報

イバライドの授乳室は2か所。パーク入り口にあるチケットカウンターの脇と、パーク内の村エリアです。

授乳室

写真は村エリアのキッズスペースに併設されている授乳室です。

オムツ交換用のベッドが一台と奥が授乳室。一人ずつしか入れない感じですね。

特に流し台や調乳ポットなどの設備はありません。

キッズスペースには

キッズスペース

ボールプール、クッションブロック、絵本、乗用玩具がありました。

年齢制限などの明示はなく誰でも遊べる感じです。雨天時は小学生も中で走り回っているので小さい子や赤ちゃんは大人の方が必ず見ていてあげるようにしましょう。

まとめ

イバライドはシルバニアファミリー好きもそうでない人も楽しめる遊び場です。

ところどころポップアップテントを張って過ごしている家族連れもおられましたので、そうやって一日中遊ぶのも良いですね。

赤ちゃんがハイハイできそうな所が比較的多いのも良い点です。

皆さんも良かったら行ってみて下さい。

施設情報・利用案内

公式HPこもれび森のイバライド 茨城県

所在地 〒300-0528 茨城県稲敷市上君山2060-1

    TEL.029-892-3911 FAX.029-892-3944

入園料 おとな(中学生以上)1000円

    こども(4歳~小学生)600円

※その他パーク内の遊具の利用に料金が必要なものがあります。

※シルバニアパークへの入園も別途500円(2歳以上)が必要です。

駐車料金 乗用車1台 500円

休園日 基本毎週火曜日

※季節によって異なります。公式HPで確認の事。

営業時間 基本10:00~17:00

※季節によって異なります。公式HPで確認の事。

〇多目的トイレ・授乳室完備

〇ペットの持ち込み可

〇お弁当の持ち込み(手作りのものであれば)可

〇パーク内に飲食施設・自販機有り

コメント

タイトルとURLをコピーしました