関東からも日帰り圏内!?穴場スキー場の福島県「だいくらスキー場」

アイキャッチ 遊び場

「子供にスキーやスノーボードを教えたい」「一緒にやりたい」けど子供が小さいと心配なことも多く、おのずと行けるスキー場も限定されちゃいますよね。

最近は小さい子も楽しめるように雪遊びができるキッズエリアがあるスキー場も増えてきましたが、人気の所は人が多すぎて「押し合いへし合い」なんてことも・・・。

情報サイトにもあまり乗っていない超穴場のスキー場「だいくらスキー場」が子供連れでも楽しめたので紹介したいと思います。

だいくらスキー場

ゲレンデ

だいくらスキー場は福島県でも下の方に位置しています。県の中で南寄りにあるとは言ってもかなりの豪雪地帯なんです。

拠点となるロッジは「センターハウス」と「第1ロッジ」と呼ばれる建物の2つです。駐車場やゲレンデに近い「第1ロッジ」の内部はこんな感じ。

写真を撮った私の後ろ側にも同じくらいのテーブル席があります。スキー用品やお菓子、ジュース等を扱う売店とリフト券売り場、トイレ、レストランを兼ね備えています。食事はレジで食券を購入しカウンターに出す形式です。

基本的には荷物を置きっぱなしにしての場所取りは禁止となっていますが、私たちの行った日は祝日でしたがそれほど混んではおらず、荷物を置きっぱなしにして滑りに行っているグループが沢山いました。

スキーやスノーボードのレンタル、更衣室はすぐ隣の建物「第2ロッジ」にあります。

もう一つのメインロッジである「センターハウス」はリゾートイン大鞍というホテルと併設されていて割としっかりとした建物です。

センターハウス

わかりにくいですが写真の建物の向こう側にゲレンデがあります。センターハウスではトイレ、レストラン、レンタル、リフト券の購入、更衣室、売店すべて済ますことができます。コチラもレストランは食券をレジで購入するスタイルです。テーブルの席数もセンターハウスの方が多いです。

子供連れが注意すべき点

この2つのロッジですがこの2つは少し離れたところにあるので、2つの間を行き来するのは時間や体力のロスになります。歩いて行けなくはないですが子供を連れ歩く事も考えると面倒。

「第一ロッジ」は駐車場・キッズエリア・初心者向けコース(ペアリフト)が近いです。

「センターハウス」は駐車場からは階段を登って行かなくてはならないので荷物や子供が多いと大変。建物内にキッズスペースがあり靴を脱いで遊べるようになっていますが、雪遊びの出来るキッズエリアへは距離があります。初心者向けコース(トリプルリフト)はセンターハウスのすぐ目の前にあり便利です。

というそれぞれの利点がありますので、あらかじめどちらを拠点にするかを決めておいた方が良いでしょう。

家族連れにおススメのポイント

駐車場の前がすぐゲレンデ

駐車場とゲレンデ

駐車場はスキー場の周辺に全部で8か所ほどありますが、ゲレンデに一番近い駐車場だとこの近さです。

まるでゲレンデに車を停めているよう!!

スキー場の規模が大きければ大きいほど駐車場も広く、駐車場からゲレンデまで延々と歩かなくてはならなかったりするものですが、スキーやボードなどの荷物を抱えていたり子供を抱っこして移動したりするのがメチャ大変なんですよね。

その点、ゲレンデやロッジにこの距離で行けるってのはありがたいです。

初心者コースにトリプルリフトがある

スキーが少し滑れるようになったらリフトで上まで登って行って長い距離を滑ってみたいと思うものですが、子供をリフトに乗せるのが心配って方もおられるんじゃないでしょうか?

我が家の場合ですが、旦那が一人で長女と次女を見るという場面もあるので二人乗りの(ペアリフト)だと、

リフトの組み合わせ

長女もまだスキーを始めたばかりなので一人で乗せるにはまだまだのレベル。その点、だいくらスキー場は初級コースに3人乗りの(トリプルリフト)があるので安心でした。もちろん、乗るときと降りるときは係員の人がうまく載れるようにサポートしてくれます。

初心者コースにトリプルリフトが無いところも多いですから。

キッズエリアがある

キッズエリア

派手さはありませんがキッズエリアがあります。写真の奥の小高い所がソリ専用ゲレンデになっています。どちらも無料で子供を遊ばせることができます。少しですがスコップやおままごと用のおもちゃ等細々したおもちゃも置いてありました。

また、土日はだいくらスキー場のマスコットキャラクターのだいちゃんが出没しますよ。

マスコットキャラクターだいちゃん

だいちゃんとじゃんけんをすると勝っても負けてもお菓子が貰えるんです。ちなみにだいちゃんは「グー」を出す確率が高いです。

キッズエリアからは少し離れてしまうのですが、センターハウス内にはちょっとしたキッズスペースも設けられています。

キッズスペース

あまりオモチャはないようですが、ハイハイ赤ちゃん連れだったりすると助かりますよね。キッズスペース周囲のテーブル席はキッズスペース利用の方のみに限定されているので、必ず子供の近くで見まもりすることができます。

とにかく料金が安い

  だいくらスキー場 関東近郊のその他のスキー場(吉田調べ)
駐車場 常時無料 土日祝日は有料であるところが多い
リフト券 1日大人¥4,200
   小人¥2,700
1日大人¥4,000~¥5,000
   小人¥3,000前後
レンタル(スキー・靴・ストック) 1日大人¥3,000
      小人¥2,000
1日大人¥4,500前後
   小人¥2,500~¥4,000
キッズパーク 無料 有料の所が多い

スキー場によってそれぞれお得なパック料金があったりレンタルしている備品も違うので一概には言えないかもしれませんが、基本的な部分だけを見るとどれも安めの設定です。

まとめ

那須のスキー場や福島県内でも猪苗代のスキー場でどこに行こうかお悩みの方は「だいくらスキー場」も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

名称 会津高原 だいくらスキー場
URL http://daikura.net/
住所 〒967-0026 福島県南会津郡南会津町針生字昼滝山857-150
電話番号 0241-64-2121
営業時間 平日8:30~16:00
土日祝8:00~16:00
シーズン中に何度かナイター営業する日もあるそうです。
営業期間 12/21~3/22
駐車場 終日無料
ベビー情報 多目的トイレ・授乳室無し。託児所(予約制・有料)有り。トイレ内にオムツ交換台有り。キッズスペース有り。キッズメニュー無し。子供用の椅子・カトラリー類有り。
地図

コメント

タイトルとURLをコピーしました